歴史がある世界の高速鉄道

  高速鉄道を知ろう

高速鉄道は世界中で走っています。住民の移動手段としても使われていますし、ビジネスマンが仕事で乗ることもあるでしょう。観光客が目的地に行くときに高速鉄道に乗ることもあります。実際に多くの人が安心して利用できるように、各国の高速鉄道は様々な試行錯誤を重ねて開発されてきました。形も技術もスピードも乗り心地も違うので、新幹線を誇りに思っている日本人は、世界の高速鉄道がどのようなものなのか興味を持つ方が多くいます。

日本だと新幹線が高速鉄道の基準になっていますが、世界に目を向けてみると様々な高速鉄道の列車が走っています。全ての国で自国の高速鉄道の列車が1番という思いで開発されて開業したはずです。それほど高速鉄道の分野は世界で技術が進んでいて、しのぎを削っています。しかし高速鉄道は新幹線から始まったことを忘れてはいけません。日本の新幹線が世界で始めて高速鉄道として開業したのが1964年になります。

東海道新幹線が開業し、山陽新幹線や東北新幹線が次々に開業してきました。現在では7つの路線と2つのミニ新幹線の路線が日本全国にあります。世界目線で高速鉄道を見たときに、日本の新幹線以上に技術や乗り心地に優れている車両はないはずです。それほど新幹線は世界に誇れる乗り物です。当サイトでは日本の新幹線の他に、世界の高速鉄道について解説をしています。日本の新幹線だけでなく様々な国で高速鉄道の列車が走っていることを知っていただけたら幸いです。