歴史がある世界の高速鉄道

  アジアの高速鉄道

アジアの高速鉄道は2000年に入ってから急速に発展しています。日本の新幹線はパイオニアですが、中国、台湾、韓国の高速鉄道が様々な技術を駆使して快適に乗れてスピードもしっかり出ています。

特に広い中国に様々な線路網を網羅しているのが中国です。2007年に導入されました。現在では中国全土の中でも多くの幹線で速いスピードで走る高速鉄道が行われています。多くの路線が営業されていますが、建設中の路線もあり、まだ線路が延びる計画があります。韓国の高速鉄道は2004年に開業しました。最高速度は時速305キロで走行しています。韓国ではフランスのTGVの技術を全面的に導入したことでも知られています。

台湾の高速鉄道は2007年に開業しました。路線距離は348.5キロで最高速度は300キロになります。台湾の高速鉄道の特徴として、日本の新幹線の技術が導入されていることです。JR東海とJR西日本の技術が採用されたので、台湾国内でも「台湾新幹線」と言われています。

このようにアジアの高速鉄道は各国によって技術や導入された車両が異なります。それぞれの魅力があるのでアジアの高速鉄道はますます発展することが予想されています。